私は結婚式場で、結婚式のビデオの編集のアルバイトをしています。 

エディウスという編集ソフトを使い、撮影のミスがあるシーンをチェックし、
問題があればカットしたり、つなぎ合わせたりします。
チャペルや神前式などの『式』と『披露宴』の様子をほとんど削る事無く、記念DVD化します。
その為、2~3時間あるビデオを、全部目で見てチェックしなければいけません。
流石に等速で見ていては日がくれてしまうので、普通は2倍速で見ます。
これ以上速くするとミスを発見できません。 

image (2)



撮影は、式場の天井に設置されたカメラを別室から、
ゲームセンターのコントローラーのようなコンソールを駆使して行います。
こちらは私の担当では無いのであまり詳しくありませんが、1人につき2~3台のカメラを担当する忙しい作業です。


撮影は非常に忙しい仕事なので、時々ミスがあります。
例えば、コントローラーに触ってしまい、カメラが無意味に動く。
新郎新婦の顔が画面外にはみ出している。意味の無い場面が映っている。 
カメラの切り替えミス等々。
また、撮影ではなく、会場側におけるマイクのトラブル、ハウリング等も、
私達編集スタッフがカットし張り合わせ、音量を上げ下げして、無かった事のように消してしまいます。 

ある日、私は一組の新郎新婦の披露宴のビデオを、2倍速でチェックしていて、
画面に一瞬ノイズが走ったのに気づきました。 
エディウスでは1秒間を30フレーム、つまり1秒で30回画面を切り替えて動きを作り出しています。
そこで、さっきチェックしていた場所にカーソルを戻し、今度は等速で見てみます。
すると、やはり同じところで、一瞬画面が薄暗くなったのが判りました。
時々、映像にノイズが走る事があるので、それかと思い、
今度はそのシーンを、1フレームずつ順番に見ていきます。 

それが画面に映った瞬間、私は頭の中が「???」となってしまい、
その次の瞬間には、「ひゃえっ」と小さく奇妙な悲鳴をもらしていました。 
変なものが1フレームだけ映っていました。
画面の右下2/3ほどを占める、暗い緑色っぽい球状のモノに、黄色く濁った魚のような目(?)が1つだけ。
それはまるで、カメラを覗き込んできているようにも見えました。
画面の中央下から左上方向に向かって、3本の緑の線。こっちは指っぽい感じです。
1フレームだけしか映っていないという事は、相当の速さで動いているようです。 


一瞬、誰かが悪戯で妙ば画像を挟んでおいたのか、とも思いましたが、
その良くわからないモノの背後には、しっかりと新郎新婦が映っています。
加工の痕跡も無く、やはり、その場で撮られたもののようです。 

私はどうすれば良いかわからず、「あの・・・」と、編集スタッフを統括する社員さんに声をかけました。 
彼はパソコンの画面を一瞥すると、私に退くように言い、パソコンを操作し始めました。
問題の1フレームを音声だけ残して切り取り、その前の1フレームの速度を1/2に調整して穴埋め。
これでほとんど痕跡は残りません。 

私がおたおたしていると、彼は「気にするな。仕事続けて」とだけ言って、自分の席に戻って行きました。
これだけ冷静に対処すると言う事は、頻繁に同じような事が起こっているのでしょうか? 
また見たら嫌だなぁ・・・。


合わせて読みたい
 カテゴリ
 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック