239: 1 2008/02/24(日) 09:54:50 ID:7HEfDi1a0
私も占い師に「長生きできんね」と言われたことある。 
理由も聞いた。 

photo01_350_20121107131739



「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんて 
もんじゃない。神に近いから、まず払えないし、どこに行っても障ることを恐れて何も 
できないよ。」とか。 
確かに、仕事で中国に数年住んでいた。 
「まあ、日本にいる限り、息子さんが成人するまでは持つよ。あんたの背後に白狐が見える。 
これが強いし、あんたの家系、将門信仰してる者がいるからね。お祖父様お祖母さまに感謝 
することだ。・・・それと、叔母さんかな? 修道院にいる人もいるねえ。彼女も遠くからあなたを 
守っているよ。・・・でも、あと数年だね。」 

息子、もう15歳なんですが。あと5年でこの世とさよなら?それを何故断言できる? 

私の不審そうな顔に、占い師は続けた。 
「あんた、過去に手の筋切って何かできなくなってない?」 
確かに。ジャズピアノをやっていてそこそこ仕事もあったが、交通事故の後遺症で今、左手が 
あまり動かず、ピアノなんてもうとても無理な状態である。 

240: 2 2008/02/24(日) 09:55:24 ID:7HEfDi1a0
「それは持って行かれたんだよ。でも命だけは、あんたを守る人たちに救われた。 
 でも、次は全て取る、と言っているよ。・・・ごめんねえ、不快な事ばかり言って。」 

占い師はそう言って、私から料金を取らなかった。 
あと5年でこの世から去る? にわかに信じられなないし、今も信じてない。 
ところが、その占い師は「当たる」と評判だそうだ。 
割と高額な見料も、あんなに長時間話したのに「残りの人生に使いなさい」と貰わなかった。 

帰宅後、夫と子供に話した。信じてないけど、と言いつつ。 
「私が死んだら、あななたちが心配で・・・」と言ったら、夫も子供も、 
「それは自分たちが乗り越えること。おかんは心配しないで、残りを好きに使っていいよ」と。 

今のところ病気などは無い。でも人は何で死ぬか解らない。 
ちなみに、後日、ある有名神社にお払いの相談をしたら占い師の言ったとおり、 
「神様にはできる限り障りたく無いんです。こちらの命も危ないですから」と。 
「すいません、どんな神様が憑いてるって?」 
「・・・地獄の神様です。あなたの左手を持ってます。・・・日本の神様ではありませんね。」と。

241: 3 2008/02/24(日) 09:56:06 ID:7HEfDi1a0
回避方法無しと言われたのだが、神主さんには、 
「でも基本的に自分はあまり信じてないんです。私には見えませんから。」と言ったところ、 
「そういう強い気持ちも大事ですよ。」とか。 
「なんで私なんでしょう?」 
「人と同じですよ。好みなんです。昔から、神様に愛されると長生きできないと言いますね。 
あれと一緒ですよ。」 

いや、そんな若くも無いですしと言ったら、「寿命からしたら充分若いですよ。」と。 

実家のお稲荷様と、近所の将門神社には毎日詣でている。 
でも、最近、右肩が重いことに気がついた。 
そして、もともと夢などあまり見ないのに、夢を見るようになった。 
どこかの屋敷で、ピアノをずっと弾き続けている夢。 
動かない左手が動くのは気分がいい、ずっとここにいたいと思う。 
「ずっといてもいいんだよ」と、背後から右肩に手を置かれ、めが覚める。 

いつかこのまま、目を覚まさなくなるのだろうか。




242: 本当にあった怖い名無し 2008/02/24(日) 13:53:44 ID:TM0uMcag0
>>239-241 
これ実話? 
本当に実話なら怖えぇぇぇーーーっ!!

243: 本当にあった怖い名無し 2008/02/24(日) 15:07:10 ID:fLv4Is8M0
当座の金に余裕があるなら 
億単位の保険金が出るやつに加入しとけば?ってかんじか


290: 239-241 2008/02/25(月) 08:38:33 ID:FJoxHb7x0
>>242 
実話なんだけど、信じてないと言い切りたいが、全くの他人二人に言われるとちょっと怖い。 

まああとは人に迷惑をかけない死に方ができるように、かな。 
一応死後は墓には入りたくないので散骨をおねがいしてる。そんなもん。 
(献体とか臓器提供も遺言にあるのだが、夫と息子が嫌だと言ってるので多分無理) 

でもさあ、神様が連れて行くならもっと高名なピアニストとかじゃないのー?と。 
それすら好みなのか? そのあたりがワカラン。 
そこまで愛されるほどの容姿とも思えないしなあ。 
ま、5年たってぴんぴんしてたら、その占い師と神主にはケチつけに行きますわw 

でも信じて無くても、「もうすぐ死にますよ」ってのは、精神的に堪えるね。 

291: 本当にあった怖い名無し 2008/02/25(月) 08:59:08 ID:FJoxHb7x0
連投スマソ 

>>リア女子高生さん 

確かに四隅のゲームは神隠しに使うと言いますけど、師匠シリーズを読むまでは知らずに結構平気で 
やってましたよ。(小学生の時なので20年以上前ですか) 
あの回数だけ人が消えてるのだと思うと凄い怖いんですけど・・

292: 本当にあった怖い名無し 2008/02/25(月) 09:21:54 ID:DRgCQioO0
>>291 
最近の少子化はまさか…w

298: 291 2008/02/25(月) 13:17:04 ID:FJoxHb7x0
ごめん、書き方が悪かった。省略しすぎたね。 
一般的には降霊って言われてて、小学生時代面白半分にじぶんもやってたんだけど、 
師匠シリーズに「それは実は神隠しじゃないか?」という「四隅」という話(だったかな?) 
があってから、「なんという恐ろしいことをしてたんだ、あの回数じゃ何人いなくなったんだ」 
と思った・・・ということです。 

私が小学校の時はこの「降霊術」が流行ってました。 
こっくりさんも流行ってたなー。エンジェル様とか。 
「四隅」は師匠シリーズで読んでくだされば解ると思います。 

残り五年の寿命の私が暢気にこんな事を書いているあたり、自分では信じてないのが 
バレバレですなw  
迷信深い私の実家の両親と祖父母が半狂乱になってるのが一番怖い。 
実家にまつわる怖い話もあるので、気が向いたら書き込みします。 

301: 本当にあった怖い名無し 2008/02/25(月) 14:47:34 ID:sNh/+vtI0
師匠シリーズを真に受けるまぬけがいるのに絶望した。

302: 291 2008/02/25(月) 15:12:35 ID:FJoxHb7x0
>>301 
いや、真に受けたんじゃないよ!うわー、そう思うと怖いと思っただけですよう。 
クラスメイト50人が6クラス時代ですよ。 
神隠しにあってその人数ってことは絶対無いw 

そんなことで絶望するな。余命5年のわたしゃどうすりゃいいんだw



314: 本当にあった怖い名無し 2008/02/25(月) 19:06:41 ID:CfNnoGARO
5年の人へ 

移植はしないほうがいいですよ 
ご家族が反対されているなら、したくてもできないでしょうが、 
やはり移植はしないほうがいい

318: 本当にあった怖い名無し 2008/02/25(月) 21:01:52 ID:aIHjMuWf0
>>239-241 
>>298を読む限り、実家の状況は占い師さんの言う通りだったってことですか? 
怖い…! 
実家にまつわる話もkwsk 

自分も>>314さんに賛成だな 
記憶する臓器という話もあるし、その神様が臓器の移植先の人たちも…という可能性があるから。 

しかしそれを読みながら、お金を用意できるならマサさんが何とかしてくれるかもと思ってしまった。 
あの国が絡まないから無理かな…?

322: 291 2008/02/25(月) 22:21:38 ID:FJoxHb7x0
心配下さってる方ありがとう。 
ここに書けば何か対策でもあるかなー?という気持ち半分と、 
自分もまるきり信じているわけではないのでどうなのかな?という気持ちと半々なんだよね。 

臓器移植は確かに憑いていくとまずいかもしれませんね。やめておきます。 
臓器の健康にはすっごい自信があるので勿体ない気もするけど。 

他の占い師に、顔見るなりに「帰ってくれ、悪いけど見られない」と言われたこともあるので 
じわじわ怖くなってきている。 
でもあと5年と言われたところで病気でもないし、じゃあ何をするかというと、日常を淡々と 
こなしていくしかないんですよね。 

実家では、私が交通事故にあったときに、仏壇の観音様がまっぷたつに割れたそうです。(修理済み) 
実家については占い師さんの言ってることは全て大当たりです。 
なんだかあっちこっちに守って貰ったり連れて行かれそうになったり。 
まあ、本当に夢を見ながらそっと死ねればいいかなあと思う反面、絶対五年後に生きてるぞ! 
このエセ占い師め!とそこに怒鳴り込むwことも考えています。 
マサさんは高額そうだし、系統が違うみたいなのでちょっとw 
五年後、生き抜けたらここに宣言しに来るので。ではノシ



324: 本当にあった怖い名無し 2008/02/25(月) 22:55:49 ID:317YYxA90
>>322 
>五年後、生き抜けたらここに宣言しに来るので。ではノシ 
待っています!





続きます。

占い師と神主、全く別の人から「あと5年の命」と宣告された。その5年間の記録。その2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック