小四の時、新興住宅地へ越した。 
近所に二つ上のお姉さんがいて、すぐに仲良くなった。 
小さい住宅地で子供が少なかったせいもあるんだろう。 
近い世代は俺とそのお姉さんしかいなかった。 
小学生の頃は一緒に遊んでもらったし、お姉さんが中学へ上がっても外で行き合えば挨拶をしてくれた。

49d2aaa28e47f45fb69f3858af3dc0f6_s


 

高校になり、俺は塾通いをし始めた。 
終わると俺はよく住宅地の裏手にある高台の公園で休んでた。パンを食ったりジュースも飲んで、ゲームをしたり。 
要するに息抜き。

高一の九月、夏休みが明けてしばらく経ったある日、いつものように夜、その公園へ寄った。 
見晴らしがいいから、何の気無しに住宅地の方角を眺めていたら、例のお姉さんらしき人の姿が見えた。 
家の二階にいて、表が暗いから屋内の明かりで窓ガラスの向こうに立っているのがよく見える。 
ただ、その姿が普通じゃない。
遠くからだが、どうもペンキか返り血を浴びたように真っ赤なんだ。 


赤い血(か塗料?)は、お姉さんの学校の制服の上にかかっていた。
しかもその家、お姉さんちじゃなかったんだよね。 
窓の中にお姉さんが見えたのは、独身の会社員の家。
(会社員は確か三十代か四十代・・・・もっと若かったのかも知れないが、俺も高校生だし、見た目で判断出来なかった)
で、その会社員かまでは見えないが、明らかに男性かと思える人影が、お姉さんの足元に倒れてたんだ。 

その男性も、Yシャツを血だらけにし倒れている。 
そして、これは錯覚か思い込みかも知れないが、お姉さんの手には刃物が握られていた。 
思考が一瞬停止する。 
変な言い方になるけど、リアクションに困った。 
一体何だあれは。芝居かパーティーでもやってんのか。きっとそうだ。 
でもお姉さんの表情が険しいんだ。見た事が無いくらい。 
ここまで時間にして三十秒も無かったと思う。それ以上は見なかった。 
変な話、お姉さんと目が合ったらマズイ。叱られる。俺のほうが勝手に覗いて、悪戯してる気になって、逃げたから。


自宅へ帰っても親に相談は出来なかった。 
どう考えても現実的じゃない出来事だし。 

次の日になって、近所で何も起きなかった。警察が来るような事もなく、大人達の様子もおかしくない。 
何日か後にはお姉さんとも表でバッタリ会い、「おはよ○○君」と普通にいつも通り挨拶して貰えた。 
俺も塾通いで忙しく、すぐに普段の日常へ埋没していった。 

それから三年後、大学へ進み、夏に帰省してきた時、フと夏という事もあり思い出し、 
親へ「そう言えばあの独身会社員の人は?」と聞いた。 
俺が高一だった一月ごろに、心筋梗塞で亡くなったという話だった。自室で亡くなっていたらしい。 


一月?心筋梗塞?
「血まみれになったりしてた?」と聞くと、
「いや心筋だから全然そういう風じゃなかったらしいよ」と。 
親は特に何かを隠している様子は無い。
近所でそれとなく「あの人こうだったんですね」と聞いても、同様だった。 
どうもおかしい。
少なくとも俺が何か見たのは本当らしいのだが。


 カテゴリ
 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック