社会人になりワンルームマンションで一人暮らしを始めたころの話です。

そのマンションは作りもリッチもよく、そして家賃がかなーりお安くと、何より大卒リーマンにとってはすべてが好条件でした。






初日は引越しの疲れもあってすぐに熟睡。が、朝はなんか寝たり無い気分でした。
就職準備やら家具の買い物やらで次の日も熟睡できるかなと、
ところがその日も朝は気分がさめませんでした。そんなこんなで、いよいよ明日が初出勤という夜、
緊張のせいかなかなか寝付けず、さらになんだかのども渇き、ビールを開けて一気に飲み干して、
また布団に入りました。しばらくしてうとうと仕掛けたころ、部屋の片隅で気になった。
目を開けてぼやけていたが何やらそこに立っている、だんだん焦点が合ってくると、それは鎧武者でした。
手には弓矢を持ち、そして「はなてーーー!」見たいな口の動き(実際には声は聞こえなかった)
その矢は私の方に飛んできた、そして私は気を失った。翌朝は目覚ましの音で起きた。部屋の中は
いつもと変わらないし、私にももちろん傷も無かった。
その日初出社ということで緊張感でなんとか乗り切った。家につくと寝不足も重なり疲れがどっと
出てきてその日は夕食を取るとすぐに寝た。
しかし夜中、ふと目が覚めるとまたあの鎧武者が出てそして矢を放った、そして気を失う。
こんなことが毎日続き寝不足で仕事も集中しきれず、毎日起こられる日々。
とうとう私も我慢しきれなくなった。


その日は金曜日、次の日は休み。今日はあの武者と戦う、決戦!決戦は金曜日!!
戦うといっても相手は幽霊。言葉でこちらは応戦しよう。まずコンビニでお酒、するめなどのつまみを買い
夜に備えた。部屋を暗くして、ふとんの中でじっと待つ。2時過ぎかいつもの気配、今日は気絶しないようにと
お酒を一口一気に飲み気合を入れて布団からがばっと出てみた。
武者はいつものように「はなてーーーー」の口の動きと共に矢を放つ。
その瞬間私は「おいちょっと待て!」
「毎晩毎晩矢を放っても俺には通用しない。」
止まる武者。
「まあ話を聞け、もうこの時代はおまえさんの生きた時代じゃないんだ。
それを今は理解できないかもしれないが。」
「とにかくお前さんがここにいることはいっこうに構わない、ただ毎晩矢を放つのはやめて欲しい」
「それとこれはお酒だ、つまみも置いておく、好きにやってくれ」と私は日本酒をコップに注ぎ、
するめを皿に置いて、そのまま就寝した。
すると翌晩からは鎧武者は現れなくなった。私は話が通じてくれたのだと思い、毎日酒とつまみを
テーブルの上に置いてから就寝した。たまに、ビールやワインなどもおき「おい、これは現代の酒だ、
試してみな」と独り言のようにしゃべっては寝た。それからは寝不足もなくなり仕事も順調にすすんで
いった。


たまに仕事が遅くなったり飲み会で遅く帰ってきたときも寝る前に新しいお酒とつまみ、つまみもポテチや
スーパーの惣菜などさまざま(自分も食べてたしな)準備して寝た。
仕事が終わらなく深夜までパソコンを使いながらの日はふと、「あんたも夜中まで仕事することとかあったのかい?」
なんて聞いたり、パソコン使いながら「なあ俺のいない時間にこの箱使ってみなよ、こうやって検索したらいろいろ
調べられるぜ」などと、話かけたりもした。
そうこうしているうちに転勤で引っ越すことが決まり引越し準備やらなにやらでお酒を忘れて何日か
寝てしまったある晩、夜中に目を覚ますと彼はただじっとそこに立っていた。前のように弓矢は手に持っていなく。
「ああ、そうかすっかり忘れていたよ。ごめんな。」と俺は酒をテーブルに置きまた寝た。
明日引っ越すという晩、私は「俺は明日でここからいなくなってしまう、あんたもそろそろどこかへ
入ったらどうだ、まあ今日はとことん飲もう」とコップ二つ出して飲んだ。
「そういや今日宝くじ買ったんだ、これなんだかわかるか?この数字があたると大金当たるんだよ。」
そんなこといいながら飲みそして寝た。次の日は引越しでばたばたしたが出る前に床に日本酒を紙コップに
入れてそのマンションを後にした。

新居についてそこは何事も起きなく。しばらくしてふと忘れていた宝くじを見つけた。10万当たっていた。もしや
あの武者のお礼だったのかも・・・・

乱筆乱文すみません。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック